誰にも頼まれていないのに伊東市の観光地を紹介する謎の小説
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
伊東沖海戦 あとがき
夕暮
三浦按針vs伊東祐親。
伊東市民に叱られそうな企画です(笑)
按針も祐親も悪役にしにくいので、三浦按針は伊東妖怪伝に登場した天狗に化けてもらうことにしました。
海が舞台ということで伊東マリンタウン、手石島、まないた岩などの話を絡めて、海野さんのボートに乗せてもらって、と。
ついでのことに海野さんは百合と付き合っている設定に。次回作では伊豆高原教会で挙式?魔魅はともかく、美香は彼氏くらいいそうだけど、どうなんでしょう。
市役所観光課三人娘、使いやすくてもう四作も使いまわしております。ただ作中で伊東市の観光地を大分壊してしまったので(笑)正直ネタに困っているかな?
また何かまとまったらUPします。それまでしばし、さようなら。

小説 ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

伊東沖海戦 第八章 終曲
工事
翌日、松川河口。今日もいい天気。なぎさ橋が無くなっても、寄せては返す波は変わらない。楽しげに舞うカモメ達もそのままだ。桟橋で呑気に釣り糸を垂れる釣り人達も。昨日のなぎさ橋の残骸を、重機が片づけているのが見える。偽物のサンブエナベンツーラ号は、本物が生まれた場所で潰え去った。
今回の被害。伊東マリンタウンが壊滅。なぎさ橋が壊滅。手石島が行方不明。
「これで本当に終わったんですよね?」と私が質問すると
「ううん、なんかまだ出そうな予感がするけど」と心配性の百合さん。
「で、海野さんとの仲はどうやって始まったんですかぁ?」混ぜ返す美香。
「…なんで、そんな話題になるのよ」
「だって、あそこで海野さん手を振ってるからぁ」
「あ、はーい!今行きまーす!」
「え、ちょっと」と止めるのも聞かず、慌てて走っていく百合さん。ああいうキャラだったかしらん。
べたべたくっ付いてにこにこ話す二人。完全に私達を忘れてる。
「…百合さんが何となく美香に似てきたような気が」
「何それぇ」
「私も妖怪さんには好かれるんだけどねぇ」
「私も八重姫ちゃんにはくっ付かれるんだけどねぇ」
いつも百合さんに頼りまくってるから、めちゃくちゃ年上のような気がしてたけど。考えてみたら百合さんもまだ二十代前半、普通の女の子だったんだ。
頼ってばかりいないで伊東を守れるように、私もまた頑張っていこう。

小説 ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

伊東沖海戦 第七章 松川河口
下流へ向かう伊東水軍を追って、私達も川沿いの遊歩道を下っていった。なぎさ橋の向こうに、サン・ブエナ・ベンツーラ号の巨大な船影が見えてきた。
「ふん、そんな小舟でわしに逆らうつもりかぁ!」と天狗の声が響き、巨船が前進する。何のためらいもなく、なぎさ橋を直撃!がらがらがらっ、と国道135号バイパスが崩れ落ちる。クラクションの響き、人々の叫び。ひんまがった街路灯や砕けたアスファルトが伊東水軍の和船の上にどしゃん、どしゃん、と落ちてゆく。
なぎさ橋
しかし伊東水軍、120トンの洋式帆船に比べれば小ぶりの感は否めないが、数では圧倒している。
「者ども、ひるむなぁ!」
小回りの利かないサン・ブエナ・ベンツーラ号を、軽快な動きでたちまちのうちに取り巻いた。
即座に火矢が巨船に放たれてゆく。見ていて小気味よいくらいの戦上手だ。
「おのれぇ!」と叫ぶ天狗が化けた三浦按針。甲板へ何か引き出してきた。
「あ、あれ大砲じゃない?」
三浦按針が日本に漂着された時に難破船に積まれていた大砲は、関ヶ原の戦いで徳川家康が利用したらしい。妖怪達、そんなディテールまで化けてくれなくてもよいのに。
どかあん、と発射された玉は、まっすぐに伊東祐親の乗る船に命中した。砕け散る船、たまらず吹っ飛ばされる祐親。
「ああ!」と私が悔しがって叫ぶ横で、
「おのれ…」と美香が妙な声を出す。
「え、美香?あ、八重姫様…」
能天気バージョンから凛とした顔に変化した美香、颯爽と空に舞い上がった。よくころころ変われるね、この子は。
海に落ちた祐親をさっと持ち上げ近くの船に乗せた八重姫。
「おお、八重姫か?すまぬな」という祐親に微笑みかけた八重姫が可愛いなと思ったのも束の間、すぐに鬼のような形相で大砲をにらみつける。
八重姫の体が怒りの赤いオーラに包まれる。
火の玉のようになった八重姫、大砲に突進!天狗もろとも突き倒す!
たまらず、巨船が化けの皮をはがす。船体が赤っぽくなり、マストが角に…下から脚が生え、巨大な獣の姿となった。
「ああ、やっぱり大池の赤牛!」
赤牛の背に悔しそうな表情の天狗が乗っていた。すぐに飛び立とうとする。
「あの天狗を狙え!」矍鑠とした伊東祐親老人の声。頑張って後期高齢者に夢を与えてください。
たちまち火矢が放たれ、天狗の羽に火が燃えうつる。
「し、しまった…」失速し墜落する天狗。「うおおおおお!」断末魔の悲鳴を上げて赤牛の背にどさりと落ちる。下の赤牛も何百本もの矢を体に打たれ息も絶え絶えだ。ぶもおおおお、とものすごい吠え声。肉の焦げる匂いが私達のところまで漂う。こんなビフテキは食べたくない。
すとん、と私達の横に降り立った八重姫、「もう大丈夫」と凛とした顔。途端に顔がゆるみ「良かったねぇ」と美香が微笑んだ。なんだかギャグみたいな子だ。

小説 ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

伊東沖海戦 第六章 伊東祐親
以前、工藤祐経の怨霊が出た時、あの時もこんな風に川沿いを走っていた。そして音無神社と最誓寺を工藤祐経が破壊した時、怒った八重姫が美香に乗り移って…結局、祐経の怨霊は何とか退治できた。今回もそんな風にうまくいくかどうか。
息を切らして三人、音無神社と最誓寺の跡地に辿り着いた。倒れている巨木、鳥居、墓石。さすがに道路に散らばったものは整理したようだが、ほぼあの時の惨状のまま、碌に片づけられていない。
「八重姫ちゃん、いる?また化け物が出たの!伊東の街を救って!」
いつも天然の美香が必死の形相で訴える。事情を知らない人が見たら、随分おかしな子だと思うだろう。私と百合さんが何も言えず見つめる。それはそうと八重姫様にちゃん付けはいい加減にやめなさいって。
「ふふ…娘、わしでは不足か」と背後で厳かな太い声がした。三人、ぎくっと驚いて振り向く。
堂々とした鎧姿、光る兜をかぶった渋い年配の侍が、腕を組みにやにや笑いながら立っている。物見塚公園の銅像とそっくりな…
「ま、まさか、伊東祐親…様…」「え、八重姫ちゃんのパパ?」
伊東祐親。平安時代末期、貿易や製鉄で伊東を大いに栄えさせた豪族、そして八重姫の父。
「いや無理に様なぞ付けてくれんでもよいがな、先だっては八重姫が随分と世話になったようじゃの。今日はわしが、南蛮の船など蹴散らしてくれるわ!」いや、正体は日本の妖怪なんですけどね。
松川
不敵に微笑む伊東祐親の背後の松川に、和船の大艦隊が現れた。うおおおおお、と拳を上げ雄叫びを挙げるあまたの武士達。
「ああ…これは、伊東水軍!」「これなら勝てるかも!」「良かったねぇ」
「おうさ、目にもの見せてくれようぞ!」
威勢のいい爺さんですこと。

小説 ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

伊東沖海戦 第五章 伊東市役所
市役所
伊東市役所の八階にあるスカイレストラン浜風の窓からは、伊東の市街地から伊東港まで見渡せる。職員の他に一般市民も利用できる食堂だ。普通の社食っぽいメニューもあるが、伊東の海の幸を使ったメニューもある。窓際の席に三人座って食事を始めた。これまでの状況を冷静に分析して話す百合さん。一応は真面目な顔をして聞き役に回る私。話も聞かず、海鮮伊豆ちらしの椀を抱えてにこにこ楽しそうに食べている美香。いつもながらの三人ではある。
「…つまり、天狗が三浦按針に化けたのは、伊東市民に三浦按針に対する不信感を起こさせるためでしょう。仮に伊東最大のお祭り按針祭が廃止されたら、伊東市民が自分で伊東の街を滅ぼしたも同然だから…」
「あ、あれぇ」と美香が突然立ち上がった。「あ、あそこ…」
色んなものを見つける子だ。今度は何が…
窓の外を眺めると、青空の下の伊東港、青い海にサンブエナベンツーラ号が!離岸堤の間を抜け、松川の河口付近に停泊している。呼んでもいないのに何で来るかねぇ。
「いきなり街を壊さないのは…私達を誘ってるわね」と立ち上がる百合さん。
「どうすれば…」おろおろ立ち上がる私。
「あそこに行けばっ」と美香が急に駈け出した。
「美香!どこへ行くの?」と問う私。
レストランを飛び出た美香、エレベーターのボタンをばんばん叩いている。周りの職員たちが呆れてこちらを見ている。私と百合さんが追いついて
「落ち着いてよ」「どうしたの?」
と尋ねた時、ドアが開いた。
「とにかく乗って!」と美香に促され三人乗り込んだ。
下ってゆくエレベーター、その透明な壁から市民ホールのサンブエナベンツーラ号の模型が見える。やはり、さっき伊東港で見たものとそっくりだ。そのそばに建造当時の様子を描いたパノラマ模型。
「それで、どこへ行く気なの?美香」
「もちろん…音無神社」

小説 ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

伊東沖海戦 第四章 まないた岩
なすすべもなく立ちすくんでいると、船は帆船にはありえない速度で走り川奈崎を回った。更に、いつか海野さんのボートに乗り海坊主と出会った城ヶ崎を回りこむ。城ケ崎
皮肉だが快適な船旅だ。伊豆海洋公園を過ぎた時、ポケットに入れたお守りが服の上からでも分かるほどに光り出した。
「な、何これ?」
ふと見ると美香と百合さんのお守りも光っている。「あれぇ」「何かしら」
「また何か小賢しい真似をし出したか?」と眉をひそめる天狗。いや私達は何もしてないですが。
ふわっと三人の体が浮いた。そのまま急速に海岸の方に引き寄せられる。
「うわああああ?」空が青いな、死にたくないな…
海に叩き落とされるか、断崖にぶち当てられるか。と思っていると、ふわりと着陸したのは岸壁のそばの石畳のような岩盤だった。
「ふわぁ」安堵のため息の美香。
「ここ、どこなの?」と見回すと
「日蓮のまないた岩ね」と岸壁を見上げる百合さん。
かつて日蓮が立正安国論を著し、当時の最高権力者である北条時頼に提出した。法華経以外の諸宗がはびこるために災害が起こるのだという立正安国論の内容を、禅宗を信仰する時頼は鎌倉幕府への批判と見なした。伊豆への流罪と決まった日蓮、伊東沖のまないた岩に置き去りにされた。事実上の死罪だ。だが、日蓮が一心に南無妙法蓮華経と唱える声を、伊東の漁師弥三郎が聞きつける。弥三郎は日蓮を洞窟に匿い、日蓮は生きながらえた。
私達の持っているお守りは、日蓮宗本山である仏現寺のもの…
「きゃあ、日蓮ちゃん大好きぃ」と能天気な美香。
「そのうち罰当たるよ、美香…」
海野さんのボートがサンブエナベンツーラ号とまないた岩の間に割って入った。
「また燃やされたいかぁ!」と雄叫びを上げガソリンタンクを持ち上げる海野さん。
「ふふ…今日のところは引き上げるか」天狗が苦笑、サンブエナベンツーラ号は海中へ、ざばざばと消えていく。天狗さん、海中で息できるのかしらん。
「はあ、助かった」
「よかったねぇ」
というか日蓮さん、どうせなら仏現寺まで飛ばしてくれれば私達の職場の伊東市役所はすぐ隣だったのに。

小説 ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

伊東沖海戦 第三章 手石島
手石島
手石島は伊東市の汐吹海岸の沖にある無人島。島のすぐ横にある岩がゴリラの横顔に似ているため「手石ゴリラ」と呼ばれる。
海野さんの自前のボートは炎上したため、ダイビングスクールのボートを借りて手石島へ向かった。青空のもと、見慣れているはずの島が何故か不気味に見える。
「海野さん、ボートに残っていつでも出発できる準備をしていて」と百合さん。「分かった、無茶するなよ」
岩だらけの足場の悪い島に私達三人、上陸した。
「…特に何も無いみたいね」と私が首をかしげると
「たしかに無いわ…弁財天まで無い」と鋭い目つきで辺りを見回す百合さん。
「えっ!」手石島には船の安全を祈って弁財天があるはず…
「ふふ…もう気づいたか。神様など苦手でな」
「て…天狗?」慌てて辺りを見回す私達。
「あれぇ」と美香が変な声を出す。
「どうしたん?こんな時に」
「汐吹岩が…動いてない?」
汐吹公園の汐吹岩は、中が空洞になっており、潮が満ちてくる時に勢いよく海水を吹き出す。かなり迫力があり、遊覧船で見に行く分には楽しいのだが。
「…この島が進んでいるのよ」と冷静に観察する百合さん。汐吹岩はもう大分、右の方。私達は南へ進んでいる?
ぶもおおおおおっ、と叫ぶ鳴き声。聞き覚えがある…途端に島の木が三本まっすぐに伸び出した。徐々にマストの形になり、帆が張られる。島の南端がとがり出し、舳先の形に。ごつごつした地面が平らになり、甲板を形作る。
この鳴き声、そして変身能力、これは大池の赤牛!
おさらい。昔、一碧湖が大池と言われていた頃のこと。大池に一匹の赤牛が住み着いた。美女に化けて若い男を水中に引きずり込んだり、龍に化けて湖を渡る人を驚かしたり、悪さを続けた。村人達が困るのを見かねた光栄寺の日広上人が、湖の小島に渡りお経を唱え赤牛を封じ込めた。以前、現代に復活した赤牛を、私達三人と海野さんのダイバー仲間とでお守りを使って再び封じ込めた…はずだった。
見る見るうちに手石島は完全にサンブエナベンツーラ号に化けた。
「大丈夫かぁっ、ちゃんと生きていろよぉ!」と叫ぶ海野さんのボートが並走している。海野さんはガソリンのタンクを抱えているものの、私達が乗っている船に攻撃も出来ず困った顔をしている。
「どこへ連れて行く気かしら」と百合さんが上を見上げる。
はっ、と見上げるとマストの上に天狗が立ち、いやらしい笑いを浮かべている。
「そうさな、いきなり殺してもつまらん、太平洋の真ん中で溺れてもらうのはどうかな?」
「そんなとこから泳いで戻れるの魔魅くらいだよぉ」と泣き顔の美香。…私をどれだけ体力バカだと思ってるん?

小説 ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

伊東沖海戦 第二章 按針メモリアルパーク
「どうして三浦按針が伊東の街を襲うの?按針祭とかしてあげてるじゃん!ありえない!」
ウィリアム・アダムス像にどなりつける美香。伊東マリンタウンからの帰り道、私達三人は何かヒントになることでもあるかと按針メモリアルパークへやって来た。松川の河口付近、なぎさ橋のたもと。ウィリアム・アダムスやサンブエナベンツーラ号の石像がある、ごく小さい公園だ。
サンブエナベンツーラ号
西暦1600年、関ヶ原の戦い前夜、豊後の国に日本人には見慣れぬ南蛮船サンブエナベンツーラ号が漂着した。幽霊船のようになった船の中、もはや残り少ない乗組員の中にイギリス人航海士ウィリアム・アダムスが居た。徳川家康が引見し、その人柄と教養によりアダムスはたちまち気に入られる。西洋の学問を教えたり通訳をしたりしているうちに、西洋の船を作ってみろと無茶な命令を出された。造船所に選ばれたのは、江戸に近く、天城山の良材、腕のいい船大工、手ごろな川が揃っていた伊東。松川の河口、つまり現在の按針メモリアルパーク付近で、日本最初の洋式帆船が建造された。ウィリアム・アダムスはその功が認められ家康の旗本となり、三浦按針の名を与えられる。
激怒する美香を抑えるように冷静に百合さんが呟く。
「たぶん…あれは三浦按針そのものじゃないわ。よく調べましょう」
按針メモリアルパーク
三人、ウィリアム・アダムス像の前に立ち顎髭に覆われたその顔を見上げる。
「あれ?」幾ら外国人にしても鼻がたかすぎるような。白人ってあそこまで赤ら顔だったっけ?…てゆうか銅像が赤いわけない!にやりと笑ったその顔、まさか!
「お嬢さん方、お久しぶり」
「その声は…柏峠の天狗!」
おさらい。伊東から中伊豆へ抜ける峠を柏峠といいます。そこに数百年前に天狗が住み着き、旅人や村人に悪さをした。そこで仏現寺のお坊さんが天狗の住処らしい峠の大きな松の前で、七日七晩も経を読んだ。日数は嘘っぽいけど。そしたら、松の木の上の方から巻物が降ってきた。そこに書かれた文字は誰にも読めなかったのに、天狗の詫び証文であることは何故か分かっている。そこんとこは小一時間突っ込みたいけど置いといて、以前、天狗が美香に憑りついて詫び証文を破かせ、天狗が復活。私達三人でなんとか退治したけど死体は発見できなかった。
天狗と気づくや、さっとポケットに手を入れる私達。
「また、仏現寺のお守りか?芸が無いのう」
あれ?今日はなんか余裕があるなこの人…いやこの妖怪。
「面白いことを教えてやろう。今度は伊東の海岸を破壊してやろうと思うてな、手石島で準備をしておる。興味があれば来るがよい。歓迎するぞ」
言い捨てて背中からばっと羽を出すと、観光会館の上を越え南へ飛び立ってゆく天狗。懲りない妖怪さんだねぇ。
手石島へ来いって?たぶん罠かな。

小説 ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

伊東沖海戦 第一章 伊東マリンタウン
マリンタウン
海沿いの国道135号線バイパス。街路樹の背の高い椰子の木の向こうに、カラフルな屋根が見えてくる。道の駅、伊東マリンタウンだ。
私、新井魔魅は、伊東市役所観光課に入ったばかりの社会人一年生。伊東市の観光課にいるくせに伊東マリンタウンに行ったことも無いのはまずいだろ、という建前で、同僚かつ親友の松原美香を連れて遊びに来ている。
伊東マリンタウンは温泉に入れるスパ棟と買い物の出来るバザール棟に分かれる。ちょっとお腹の空いてきた私達はバザール棟の二階へと階段を上った。まぐろ丼だの、あさりラーメンだの色々目移りするけど、今日は一番奥の「海辺の食卓」へ。その名の通り窓から海が見えるレストランだ。快晴の伊東港、マリーナに停泊する多数のヨットを眺めながら鯖バーガーを注文した。鯖のフライと蜜柑のスライスがはさんであるハンバーガー。美味しいけど、一食700円は結構いいお値段だ。
「あ、あそこ百合さんがいるぅ」と美香が笑顔で可愛い声をあげる。
んっ?と外を見ると、なるほど観光課の先輩の宇佐美百合さんがにこやかに誰かと話している。
「あ、あれ海野さんじゃない?」以前、伊東に現れた妖怪退治の時にお世話になった城ケ崎ダイビングスクールのダイバーだ。そういえば、近くにあるのは私達も載せてもらったことのあるモーターボート。
「ほほぉ。いつの間にそんな仲に」男なんて歯牙にも掛けないクールビューティーだと思ってたけど。
「そーゆーことかぁ。うふふふ」美香が額を窓に押し付けたまま、悪戯っぽく微笑む。
そのうちマリーナの二人は仲よくモーターボートに乗った。すぐに防波堤に沿って進み、沖合を目指す。海風に吹かれながら気持ちよさそうに去って行く。まあ、よろしくやっててください。と、遠くに目を転じると妙なものが目に映った。
「あ、あの船は?」
現代の船ではないのは明らかだ。三本マストの、ずんぐりした洋式帆船。何故かどこかで見たことある…そうだ!市役所のロビーにある船の模型。サン・ブエナ・ベンツーラ号!ウィリアム・アダムスこと三浦按針が、江戸時代の初めに伊東の松川河口で建造した船。でも、四百年も前の船が何故ここに?
「美香!百合さんの所へ行くよ!」椅子を蹴って立ち上がると、
「鯖バーガーまだ全部食べてないのにぃ」と情けない美香の声。
鯖バーガーより百合さんの心配をしなさい。
階段をどどどどっ、と駆け下りた。土産物を物色する観光客達の驚く目など構わず海側の扉をどんっ、と開ける。左側、伊東マリンロードの入口へ。
堤防に設けられたマリンロードを駆け出すと、百合さんの乗ったモーターボートが慌てて戻ってくるところだった。向こうもこちらに気づいたのだろう、堤防にモーターボートを寄せて二人上がって来た。
「あ、あなたたち…」二人でいるところを見られて海野さんも百合さんも戸惑っている様子。こんな時に恥ずかしがらなくてもいいです。
「えーと、お似合いなのはともかくとしてですね」
妙な挨拶をしているうちに、どどどどどおん、とサンブエナベンツーラ号が堤防に体当たりしてきた。舳先で不気味に微笑む白人は…三浦按針?そんな馬鹿な。ぼろぼろとコンクリートが崩れ始める。木造船なのにコンクリートを崩すなんて?
「早く逃げよぉぉぉっ!」泣き出しそうな美香。
「大賛成!」マリンロードの入口を抜け、一気に四人、駐車場へと駆け上がった…と思ったら海野さんは?あれ、モーターボートのところでエンジンをかけている。
「海野さん!何してるの!」と叫ぶ百合さんに
「まあ、見ててくれ」と不敵な笑い。ボートに何かぶちまけた…あれってガソリン?
がりごりがりっ、と音を立てて堤防を真っ二つにしたサンブエナベンツーラ号はそのままサンライズマリーナへ突き進む。
ぶおおおお、と海野さんを乗せたモーターボートがサンブエナベンツーラ号へ向かっていく!
「あぶないぃぃ」マリーナでは数十隻ものボートがひっくり返り、ばき、べき、ごりっと破壊されている。
マリーナ
「うわぁっ」「きゃぁっ」マリンタウンの中に居た人達も海を見て驚いたのか、一斉に飛び出してきた。
多数のボートをおもちゃのように蹴散らしたサンブエナベンツーラ号、マリンタウンのバザール棟へと突っ込んだ。あと十分あの中に居たら私も危なかった…べきべきべきっと壁が壊れ、二階建ての可愛い建物が無残に破壊されていく。
巨船の後部へ追いついた海野さん、モーターボートからダイブ!一瞬遅れて炎が、ぼおおおおっと燃え上がる!
「きゃあああああ!」百合さんの口から聞いたことも無い悲鳴があがった。あの冷静な百合さんがぼろぼろ涙をこぼし、見たこともないような泣き顔に。
とその足元の海面から、ざばあっ、と少し火傷をした男の顔が上がった。
「ふふ、付き合い始めたばかりで死ねないよ」
…以後の甘い二人は私は描写したくないっす。
バザール棟に乗り上げたまま、船体後部からぱちぱちときな臭い煙をあげているサンブエナベンツーラ号。不意に、不自然に後ろにのけぞると海底に沈んでいった。普通の船の動きじゃない…というよりマリーナはそんなに深くないはず。
沈みきる瞬間、「ふふふ、よくもやってくれたな。また来るぞ」と不気味な声が響いた。

小説 ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。