誰にも頼まれていないのに伊東市の観光地を紹介する謎の小説
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日蓮伊豆法難 第九章 毘沙門堂
「弥三郎、世話になったのう。はやひと月か」
「い、いいえ、滅相もねえこんで」弥三郎は鼻をすすり上げた。
「何も泣くことは無かろうに。川奈から玖須美では一里にもならぬ。いつでも訪ねることは出来ようが」
「だ、だども、地頭様がお許しくださったっちゅうことは、鎌倉様もそのうちお許しになって…」
「ふふ、それはあるまい。この件は、飽くまで伊東朝高殿のご好意に過ぎぬ。わしはあと何年か伊東におるだろうよ」
「そ、そりゃ良かっ…い、いえ、流罪のお許しが出るのを心より祈っちょります」
へどもどして言い直す弥三郎に日蓮は、はっはっはっと笑いかけると、朝高の用意の馬に荷を乗せ玖須美館へと向かった。弥三郎がお供をする。
程もなく着いた玖須美館、一礼して帰ろうとする弥三郎を門番が引き留めた。
「殿が、日蓮様のお弟子はどなたでも毘沙門堂へお通しして手厚くもてなせと仰られておりますゆえ」
「え、ええんですかい」
0061-thumb.jpg
首を捻りながら日蓮の後を追い毘沙門堂へと歩いてゆく弥三郎。
「おらなんぞを、何で館に入れてくれたずら。あの意地の悪い地頭様がよ」
「おい、意地の悪い地頭様なら、お主の後ろにいるぞ」と朝高の声。朝高の背後には正清が相変わらず謹厳な様子で控えている。
「ひいっ」と飛び下がってぺこぺこする弥三郎。
朝高が腕組みをしてにやにやしながら
「よいよい、今は互いに日蓮様の弟子じゃ。皆、共に教えを乞おうではないか」
「へ、へえ」
荷物とて左程ないが、手ずから楽しそうに朝高や正清が日蓮の引っ越しを手伝うのを、弥三郎は目を丸くして見た。弥三郎と一緒に拭き掃除までする朝高に、弥三郎はろくろく話も出来ない。
やがて引っ越し作業を終え、よい汗をかいた、とにこやかに去っていく朝高や正清を眺めながら、
「人は、変わるもんじゃなあ」と弥三郎が呟くと
「まだまだ、この国の人間を全て変えるつもりじゃ」と日蓮が笑顔で豪語した。

小説 ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。